GML8200GML2032GML8304MkII 随時、入荷中です!!
 GML2161 Hybrid Dynamic Range Controller Coming Soon!
 
George Massenburg
Discussing and Demonstrating Video

 
 ・High Resolution file 96kHz
 High Resolution file 48kHz
 Youtube PromediaAudio Channel
ジョージ・マッセンバーグ氏のプロフィール
George Y. Massenburg

1947年米国メリーランド州ボルチモア生まれ。
レコードプロデューサー/エンジニア、レコーディング
機材設計者として両面で活躍する音楽界の
”ルネサンスマン”。
彼がエンジニアリングした数多くの作品が
グラミー賞にノミネートされ
(2001年 Mary Chapin Carpenter"Time*Sex*Love"等)
レコードオブザイヤーにも何年もノミネートされている。
その中で、1990年にLinda Ronstadt の
”CRY LIKE A RAINSTORM, HOW I LIKE THE WIND”で
グラミー賞[エンジニア部門]を受賞。1996年には
Linda Ronstadt”DEDICATED TO THE ONE I LOVE”
でグラミー賞[プロデューサー部門]受賞。
また1988年に、Trio (The Trio)でカントリーミュージック
アワードでレコードオブザイヤーを受賞。
1998年には、米国レコード協会の歴史上4人目の
グラミー賞のテクニカル・アチーブメント
(技術的貢献者への表彰) を受賞。
ほかにも、Mix Magazine TEC Awards等、
数多くの賞を受賞している。

[手がけた主なアーティスト]
Billy Joel, Kenny Loggins, Journey, James Taylor,
Randy Newman,Lyle Lovett,Aaron Neville, Little Feat,
Linda Ronstadt, Bonnie Raitt,Herbie Hancock,
Weather Report, Emmylou Harris, Earth Wind & Fire,
TOTO, The Dixie Chicks,Mary Chapin Carpenter,
Carly Simon…等、数多く。
日本では尾崎亜美とのレコーディングや、
2000年に発売されたMISIAのシングル
"Everything (c/w愛の歌)"のミックスを担当した。
40年に及ぶレコーディングのキャリアで、制作に関わった
アルバムは、400以上にのぼる。

<更に詳しいプロファイル>
15歳でレコーディングスタジオと電子機器の研究所で
アルバイトとして働く。
ジョーンズ・ホプキンス大学で電気工学を専攻するが、
2年目にやめその後大学に戻ることはなかった。
1972年にパラメトリックイコライザーを設計し、AESの
技術発表で発表、その後プロ向けの専門誌や世界的な
オーディオ雑誌等にも執筆し、世界中で知られる様に成り、
1973〜74年パリに有るヨーロッパ・ソナー・スタジオの
チーフエンジニアを勤め、ヨーロッパでフリーランスの
エンジニアと同時に録音機器の設計を手がける。
 1982年に音響機器開発会社GML(George Massenburg Labs)設立。
彼の発想の原点ともいえるパラメトリックイコライザー
(GML8200)をはじめ、フェーダーオートメーションシステム、
高解像度ラインミキサー(GML HRT Mixing System)、
高音質マイクプリアンプ(GML8300)、GML独自の
ダイナミックレンジ・コントローラー(GML8900)など、
彼自身の録音のニーズから生まれた独自の録音機器を
開発するとともに、多くのの音響機器メーカーの
製品開発についてコンサルタントも行う。
また、メリーランド・ハンツビルの“ITIスタジオ”、
ロスアンジェルスの“ザ・コンプレックス“等多くの
スタジオの設計や運営にも関わり、音響についても
造詣を深め、“スカイウォーカー・サウンド”等の
建築音響デザイン等も手がける。
2006年ナッシュビルのブラックバード・スタジオに、
独自の設計による理想的な拡散音場のスタジオ
(StudioC)を完成させ、サラウンド録音などの新しい
音楽制作手法の提言を行っている。
教育方面にも力を入れており、現在カナダのMcGill大学
の録音コースをはじめ、ロスアンジェルスのUCLAや
南カルフォルニア大学、テネシーのMTSU、そして
ボストンのバークレー音楽院で教鞭をとっている。
マッセンバーグ氏は、デジタル録音技術にも早くから
取組んでおり、AD/DA変換における信号処理技術の

 
”染谷和孝(KT-KAZU)氏 「be Blue Aoyama Studio」によるGML2032ユーザーレビュー掲載しました”
GML Products

Now Shipping The GML 8300 Series II

GML 2161 ハイブリッド・ダイナミック・レンジ・コントローラー
GML 2032 マイクプリアンプ&パラメトリック・イコライザー
(電源内蔵100Vモデル)
GML 2030 マスタリング ダイナミック ゲイン コントロール
GML 2020 インテグレーテッド インプット・チャンネル
(マイクプリ/パラメトリック・イコライザ/ダイナミックレンジ・コントロール)
GML 9500 マスタリング・イコライザー
GML 8200 パラメトリック・イコライザー(2ch,5Bands)
GML 8900 ダイナミックレンジ・コントローラー
GML 8304MkII マイクプリアンプ/4ch
GML 8302MkII マイクプリアンプ/2ch
GML 8335 9500/8200/8304/8302 専用電源
GML 9015 8900 専用電源