GML8900 
- Dynamic Range Controller -



クリックで拡大


ラウドネス感知についての22年間の累進的な研究は、あらゆる他の物と異なった
リミッター/コンプレッサーに成りました。8900のダイナミック・レンジ・コントローラーは私達の耳が行う様に、ラウドネス(電圧では無く)に反応する為に本質的に開発されました。8900の音響心理学のアプローチは、複数の正確なRMS検知器、著しく正確な対数コンバータ、そして実際の信号のエネルギー(単なる電気的でないレベル)に知的に応答する為の高速のピーク検出器を使用します。この革新的な設計は、正確にミュージカル・パフォーマンスの動的な特徴をコントロールする為に、クレストファクター,タイミング,及びヒステリシスリリースの様な、ユニークなコントロールを使用します;ある世界では、この柔軟性を獲得する為に通常全ユニットを変更するでしょう。
Stereo Link, Soft/Hard Knee, Ratio, Output Level, の様なよく知られている特徴と同様に、
広範囲な40セグメント三色Gain/Loss メーターも、気づくほどの可聴アーティファクトの不足と
広いダイナミック・レンジに対する柔軟で創造的なコントロールの為に、注意深く最適化されました。サイドチェーン入力は、検知回路へ導入される為に外部周波数形成を許します。オーディオ・パス全体は、卓越した透明でローレベル解像度の為に、カスタムビルドのVCAを含む
オールディスクリートです。8900は2Uの2チャンネル・ユニットで、9015電源が必要です。



Demo Movie 日本語簡易マニュアル Recall Sheet ダウンロード







SPECIFICATIONS*

FORM FACTOR
2 CHANNELS, Each with Separate Peak and Dual RMS Detectors
Discrete VCA; Discrete Audio Chain
Front Panel Sidechain; Stereo and multiple unit control link
40 Segment Tricolor meter; Meter range -20 to +20, true gain through unit
4 segment instantaneous ratio meter (approximate indication of soft knee actuation)
Peak, FastRMS and SlowRMS indicators


INPUT
20 kOhm balanced bridging; Pin 2 hot
57 dB common mode rejection at 20kHz
+27.4 dBv maximum before clipping
Individually channel swichable on back panel for +4 or -10


THROUGHPUT
±0.1 dB, 16 Hz to 68 kHz response (controls at zero)
0.01% Harmonic distortion at any frequency 20 Hz - 20 kHz1, no gain reduction
0.009% SMPTE Intermodulation distortion2
30 v/usec discrete low noise, high performance amplifiers
no electrolytic interstage or output coupling capacitors
noise -96.5 dBv bypassed, -74 dB absolute worst case (control position dependent)
rolloff: 3 dB down at 260 kHz


OUTPUT
+27.4 dBv clipping; unbalanced; Pin 2 Hot
3 mv output offset, stabilized by D.C. servo correction


OTHER
external power supply: ±28 VDC & ±18 VDC
ground and chassis straps at rear
19" x 3 1/2" rack case, black anodized aluminium, silver legend, 8 1/2" deep
weight: 7 lbs.